マインクラフト

【マインクラフト】トロッコ自動収納&自動設置機を作ってみた。

更新日:

トロッコを自動で収納、そして自動で設置できる装置を作ってみる。

こんにちは。どうも。アラフォーのド素人です。

マインクラフトは奥が深いのでいつも新たな発見があります。

今回は、トロッコを乗り捨て、収納、ボタン一つで再びトロッコを出すって事をやってみます。

まず、下の図の様に設置するんですが

分かり難いので一つ一つ説明していきまーす(´っ・ω・)っ

まずサボテンを終着地点に置きます。(サボテンは砂の上にしか置けないので注意)サボテンはなぜかモノが触れると消えるw(ゴミ箱って言われてるんですね)

そのサボテンの前にホッパーを置くとトロッコが一瞬で消えてパーツ化?してホッパー内に吸い込まれる。(ホッパーの上にも線路を敷いてください)

これは反対側から見た感じ。↓


ホッパーの下にディスペンサーちゃんがいます。

これが、さっきサボテンにぶつかり、パーツ化してホッパーに入り、ディスペンサーの口から再びトロッコが出てくる仕組みです★

簡単そうなんですが、ホッパーって向きがちゃんとあって、向きが合ってないとディスペンサーに送り込めないんです。それが最初わからず何度もやり直しましたw

再びトロッコに乗る時は、1番目の写真のスイッチを押します。

すると、ディスペンサーの口から、トロッコが実物の姿でボン!と出てきます。

最初からおさらいw

トロッコが駅に到着!↓


してサボテンにぶつかりトロッコ消える。

そしてスイッチオン!↓

ィスペンサーからトロッコがポン!!再びトロッコに乗れます!わー簡単楽ちん!↓

注意:ホッパーには向きがあるのを知らなかったんですが

ホッパーの下の部分に出口(吐き出し口?)があるんです!

普通に置いたのだと向きが合ってないことがあるのです。

しかも置くときはスニーク状態じゃないとダメっぽい)!!!!!

もう一つ注意:ディスペンサーの吐き出し口の横にブロックなどあると

トロッコが出てきません。狭いから?

 




お取り寄せでしか買えない高級プリン専門店「プリン研究所」はコチラから!

更に!更に!!

さっきまた違うやり方を試してみたら出来たのがあるんで

イラストで説明いたします(分かり難いかも)

さっきの写真のやり方だとホッパーの下にディスペンサーを置くので行きかえりの線路の高さが違ってしまったのですが

上のイラストだとほとんど全部同じ高さで配置出来ました(サボテンだけ違ったかも)

ディスペンサーだけイラストのやり方だと吐き出し口が空の方を向い置くことになります。

空に向かってトロッコを吐き出しますが、ちゃんと線路に着地しますw

で、スイッチじゃなくても感圧版でも大丈夫でした。スイッチって小さいから押すのちょっと大変なので感圧版なら楽です★

分かり難い下手な説明ですみませんでした。

それにもっといいやり方や高度なやり方もあると思いますので

参考にならなかったらごめんなさい((((oノ´3`)ノ

トロッコって降りたあと片付けたりするのが面倒なので

サボテンとホッパーがあれば自動で収納出来て良いです!

そしてディスペンサーを使ってまたトロッコを設置出来て便利だと思います。

以上です。ここまで読んでくれてありがとうございました!

 

追記‼ ディスペンサーの上にも線路を敷かなければ、トロッコは実物で出てきません!(パーツのまま出てしまう)(イラストではホッパー、ディスペンサーに線路が敷いてませんが、ちゃんと敷いてください!ごめんなさい(/ω\)

スニーク状態で,ディスペンサーの上にも線路を敷いてください!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-マインクラフト

Copyright© めぐ。日記「私が実際使って良かったモノ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.